台風は何月から多い?何月から何月までか検証してみた!

天気

夏になると台風が多くなり、大雨も降っていることがあります。

年中台風が来ているようにも感じますが、一体台風は何月からが多いのか気になります。

今回は台風は何月から多い?何月から何月までか検証してみた!を紹介していきます。

台風は何月から発生する?

台風は何月から発生するのでしょうか?

台風が来る年は毎年違いがあることがわかり、調べてみると2011年から2020年の10年間でみると8月〜9月あたりが多いです。

この10年で、年平均24.8回、台風が来ていることになります。

1951年〜最も多い年で、39回もの台風が日本に来ていてここ最近だと少し少ない印象です。

台風の時期は、毎年違った時期に来ていますが決まって来るとは限らないようです。

台風は何月まで来る?

台風は何月までくるのでしょうか。

台風は、夏になって風が強く9〜10月にくると思っていたのですが、調べてみると台風の発生は例年の12月頃まで。

2011年〜2020年の10年間も12月まで台風は発生しています。

夏から寒くなるまで台風が上陸するイメージが多いのはなぜなのでしょうか?

それは日本に台風が上陸するのが8〜9月が多いからだと思います。

その頃になるとテレビやニュースなので取り上げられ注目され、みさなんの記憶に残っているからかもしれません。

2021年9月の台風は関東に来ることなくそれました。

台風は何月が多い?

台風は何月頃が多く発生しているのでしょうか。

台風の件数は、冬場が少なく夏から秋にかけてですので6月〜10月に多い傾向です。

毎年台風は来ますが、多い時期はやはり8月〜10月が多いようです。

件数も毎年違いはありますが、1年間に平均20回は発生しています。

台風が少ない年でも2010年に14回ですが、台風がくると雨風がとても強くなるので災害や被害が起きないように対応できるようにしておきたいですね。

台風は何月から多い?何月から何月までか検証してみた!まとめ

今回は台風は何月から多い?何月から何月までか検証してみた!をご紹介しました。

台風は2010年から10年間をみてみても夏ごろが多いので、常に気象情報や台風情報を確認しておきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました