スポーツクライミングのルールを簡単に!歴史や見どころまで詳しく!

スポーツ

東京五輪でも開催されているスポーツクライミング。

スポーツクライミングのルールを簡単に知っておくと観戦もしやすいです。

人気のあるスポーツですが意外に知られていないことも。

今回はスポーツクライミングのルールを簡単に!歴史や見どころまで詳しく!を書いていきます。

スポーツクライミングとは

スポーツクライミングは自分の力でバランスを保ちながら手や足を使い壁の上に登っていく競技です。

一昔前は自然の岩壁や岩を登って危険なスポーツと考えられていた。現在では競技施設も充実してきて気軽に楽しめるようになりました。

安全に始められて簡単ですから人気のスポーツになっていますね。

スポーツクライミングは体力や筋肉がないとできないと考えていらっしゃる方も多いでが、そんなこともなく体のバランスで登っていく競技なので力だけということではないです。

女性の方もチャレンジされることも多く、体全体のバランスを使いトレーニングにもなる人気のスポーツ。

スポーツクライミングは3種目ある

人工のホールドを使いボルダリング、リード、スピード3種。

これらの競技を詳しく紹介していきますが、東京オリンピック3種目目を採用したコンバインド採点方式も紹介します。

ボルタリングとは

ボルタリングは体にロープをつけずにフリークライミングを行い、スポーツクライミングでは選手が高さ5mくらいの壁を登るコースです。

ボルダリングの評価はどのくらい壁を登ることができたのかを決めていきます。

それでも勝敗が決まらないときに課題途中にゾーンホールドが取り付けされていて、多く獲得するかがポイントになります。

それでも同着の場合は、トライが少なくコースを登ることができた選手は上の順位に。

リードとは

スポーツクライミングの中で一番古く愛される競技で歴史のあるリード種目です。

専用に作られた十数メートルの人口壁を体にロープをつけて安全な状態でどこまで登れたかを競います。

リードは長い距離を登るため体力のいる競技になります。全力で登り切れる距離ではないのでバランスやテクニックを用いて力むことなく自分の動きをうまく活用していけるかが重要になってきます。

クライミングの壁の高さ12m以上のコースを選手が上を目指し登ることができるかを競います。

登るときはハーネスを装着してロープもつなげ、途中の支点にロープをかけることで選手の安全を確保することができ、完登は選手が最後の支点にロープをかけること。

競技は予選、準決勝、決勝、3ラウンドで行い、予選では2本、準決勝、決勝、1本のコースそれぞれ1回のみチャレンジ。

制限時間は、1本のルートにつき6分間です。チャレンジをする前の選手は、他の選手のチャレンジを見ることができませんが、予選ではビデオで確認やデモストレーションも確認できます。

準決勝と決勝では選手全員がコースを確認することができ、一般的に、準決勝には26名、決勝には8名が進出できます。

スピードとは

スピードとは、早く上まで登ることができるのかを競います。スピードクライミングは早いスピードのトレーニングを積み重ねて数秒でも早く登った選手が勝利に近づきます。

スピードクライミングの壁の高さは10メートルまたは15メートルで、ホールドの配置されているコースを選手がどれだけ早く登るかを競います。

選手はハーネスを装着し体にロープがつながった状態ですが、終了時点付近で支点が確保されています。

試合は、予選と決勝トーナメントで行い、予選では同一コースが設置され2つの壁でそれぞれ1チャレンジずつの計2回、決勝トーナメントではどちらかの壁で1チャレンジのみ行います。

予選では2チャレンジのうち早いタイムを使うことができ、一般的には上位16位予選参加者が決勝トーナメントに出場が決定。

決勝トーナメントは順位の低い選手と高い選手が1回戦で組まれ、タイムが早い選手が勝利です。タイムが同じ場合はスポーツクライミングの1つ前のラウンドが採用されます。

準決勝と決勝のラウンドで同じの場合は、もう一度試合を行います。

複合種目とは

 

東京オリンピックでの複合種目スポーツクライミング、ボルタリング、リード、スピードの3種目1人の選手が全てチャレンジを行う新しい競技です。

スピード、ボルダリング、リードの流れの順にそれぞれ試合をし、それぞれの順位の掛け算で数字が小さい選手がトップで複合種目の順位が決定するという方法で行われました。

2020年東京オリンピックでは追加種目として新しく複合種目が追加されています。

3種の試合で進められていきましたが、複合種目が追加されたことで選手がどのような闘い方をしてくるのかが楽しみです。

どの競技に選手が力を入れてくるのも楽しみですし、総合的に勝利をおさめる選手を想像しながら試合を見てみると良いですね。

スポーツクライミングのルールを簡単に!歴史や見どころを詳しく!まとめ

今回の記事はスポーツクライミングのルールを簡単に!歴史や見どころを詳しくまとめてみました。

東京オリンピックでは、日本人選手女子2人表彰台に登るという快挙を成し遂げスポーツクライミングが盛り上がりましたね。

スポーツクライミングは種目によって求められる難易度が違い、それぞれの魅力を感じます。

まだ知らない方もおられますが、楽しいスポーツですので応援していきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました