寝る前にスマホをやめる理由は?アプリを使わない方法!?

インターネット

私たちは生活でスマートフォンを多く使いっています。

とても便利で欠かせないものです。知りたいことや情報をインターネットを使い検索して調べることができます。

しかし、寝る前にスマホをやめるには大変です。いろんなアプリを使ってもやめられません。

今回は、「寝る前にスマホをやめる理由は?アプリを使わない方法は!」を書いていきます。

それではいきましょう。

寝る前にスマホをやめる理由は?

スマホを寝る前にやめるなんてできない!なんて声が聞こえてきそうですが、スマホを寝る前にやめるといいことがたくさんあります。

最初からすぐやめるなんてできないですし、やめる必要もなかったりします。

やめなくても少し時間を減らしてみたりするだけで良かったりもします。

寝不足で仕事に影響している人や日中に集中力が無くなることもあります。

やはり、睡眠時間が少ないことが1番の原因になることも多いです。

どんな効果があるのかみていきましょう。

寝る前にスマホをやめる理由は?

寝る1時間くらい前にスマホをやめると睡眠の質が上がります。

睡眠の質が上がると生活の中で集中することもでき、大切な時間も確保できます。

少しでもスマホを使わない時間を確保することで、家族友人や趣味の時間も増えていきます。

いつもの時間をどう使っているかスマホで何をしているかを一度紙に書き出してもいいですね。

紙に書き出してみることで、自分がどんなことに時間を使っているのかが見えますので工夫や改善ができます。

そうすることでアイデアを得て、今の自分に置き換えることで時間を無駄にすることなく選択できてきます。

こうした小さなことに気付いていくことでスマホ時間をなるべく減らし、1日の生活をより良くしていき少しでも有意義な時間が可能となります。

まずは小さなことからスタートするのもいいでしょうし、スマホの通知をオフにすることもおすすめです。

寝るときに布団に持ち込まないことも大切ですね。

持っていってしまうとついついスマホの画面を見てしまいます。

少しならいいでしょうが、長々と見てしまうものですので気をつけたいところです。

寝る前にスマホをやめれない人は?

先ほども伝えましたが、寝る前にベットルームに持っていかないことが理想です。

どうしてもというときは、スマホの画面を見てからタイマーやアラーム機能を使い、設定しておきましょう。

寝る前は、最低でも1時間くらい前からスマホを見ないようにしたり、スマホの画面からブルーライトという光が出ているので、明るさ調整を使い、画面をマックス近くまで暗くします。

画面の明るさを調整すると目に優しいですし、こういった小さなひと手間をかけられる自分へ変わっていきたいですね。

最後にスマホアプリを使わないようにしましょう。

スマホの中にアプリが入っていると、通知が来るたびにスマホを手に取ってみてしまう恐れがあるからです。

もし使っているのであれば、こちらも通知オフにするなどの対処が必要ですね。

寝る前にスマホをやめる理由とアプリを使わない方法!まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「寝る前にスマホをやめる理由とアプリを使わない方法!」について書いてみました。

就寝前にスマホをやめると自分の時間が増えたり、睡眠時間の改善がされることができます。

睡眠アプリを使わずに睡眠の質や量を増やすことができるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました