スケートボードのストリート採点方法は?知って楽しむルールも詳しく!

スポーツ

スケートボードのストリートの人気が上がってきて日本人選手が輝いてきています。

ストリートの採点方法も気になるところですね。

オリンピックも開催されてメダルも獲得しています。

今回はスケートボードのストリート採点方法は?知って楽しむルールも詳しく!を書いていきます。

スケートボードとは

板の下に車輪が前後についていて、その板を使いトリックという技を出し、トリックのスピードや高さなどを採点し評価します。今回の東京オリンピックで採用されています。

スケートボードの始まりは、1940年代にアメリカで木製の板に車輪をつけて滑る遊びが始まりだと言われています。

1980年から1990年代に世界的に広まり、若い人を中心にファッションとともに広がりを見せるようになっていきました。

2020東京オリンピックでは新規種目として選ばれ、街中を滑るイメージのコースのストリートと広くて形が曲っているコースのパークがあります。

種目別でのルールはストリートとパーク

オリンピックの新種目のスケートボードは、ストリートとパークの2種類で競技のルールや技の採点が男女ともに統一されているのが特徴です。

それではストリートとパークの2つの違いについて紹介します。

ストリート

ストリートは街の中でスケートをしているような景色でスケートボードを走らせる競技です。

鉄の手すりやコンクリート、縁石や階段など街の中を滑っているようにその気にさせるコースとなっています。

ストリートの歴史は、街の中を走らせることをよく思わなかったことが関係しているようです。

そこで街の中を走らせるコースを専用で作ったことが始まりだと言われています。

ストリートはRUN方式とBESTTRICK方式の2つで構成されていて、RUN方式2本プレイ、BESTTRICK方式5本プレイの計7本で競い合います。

点数はそれぞれ10点満点で4つの合計点が高い選手が勝利します。

9点台の得点が出るとナインクラブと称賛されて盛り上がりを見せ、勝利の決め手に近づいていきます。

パーク

パークとは技を競うスポーツ競技です。パークとストリートは1960年ごろに分かれています。

コースはお椀のような円形を自由にスケートボードで走り回ります。そこで自分の技を出して競い合います。

一人3回までチャレンジができて、その中の最高得点で勝敗が決まりジャンプの高さや空中での技が評価されるます。

コース全体を使うことで採点基準も変わってきます。エアーとリップを組み合わせて技を出し、バランスよく進めることが重要です。

スピードも大事ですが高さ、スタイル、姿勢、角度など総合的に審査されます。

大会のルールは

東京オリンピックのスケートボートのルールを説明していきます。

ルールの時間は45秒

競技の時間は45秒と決められていて、ストリートとパークともに共通の持ち時間で競います。

その時間内に選手は、技を出し合い披露しその精度や難易度によって採点が変わります。

選手が出す技の順番は関係なく、途中で転倒しても時間内であれば競技を続けれます。時間内に高得点を獲得した人が勝利へ近づきます。

スケートボードのストリート採点方法は?知って楽しむルールも詳しく!まとめ

今回はスケートボードのストリート採点方法は?知って楽しむルールも詳しく!をまとめてみました。

東京オリンピックでは日本人選手男女ともにメダルを獲得し盛り上がりましたね。

ストリートとパークともに楽しく観戦できました。これからも日本人選手の活躍を期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました